教育実習の割り当て学校が決まった時である


私の彼女と、その親友は一緒に通知の掲示板へ…


親友と同じ学校は、男女2名ずつの計4人


















親友: こっちの男はアレだから…この、●▽さんしかいないね!

彼女: …。



親友: 実習始まったら、この人に狙い定めてぇ〜♪

彼女: …。



親友: 大学戻ってきた頃にはぁ〜☆ラブラブ☆になってたりして♪ウククッ…♪

彼女: …。



親友: あれちょっと!あんたと同じ研究室でないの!!ねぇ〜?どんな人ぉ〜♪

彼女: …それ


















彼女: それ…JUT(私)だよ…




























え゛?






















































〜〜あえなく撃沈〜〜



























私のアダナは、学校中に知られているが

本名を知ってる者は、非常に少ない

自分でも戸惑う事があった。

























--- その後の親友 ---

『・・・』




























『…この実習期間、アタシは…』


























『何を歓びに

生きてけばイイのよぉ!!』

























…オイオイ…





























オマエ ナニシニイクンダョ…




























ついでに、その言葉、

そのまま返すよ…


























SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO