ふふふ…。


当選しちゃったんです…























がんばってコート!(byじょーじあ)ちぅヤツ。


当時 ブレイク中だった飯島直子がCMやってて、誰もが欲しかった あの一品。

コレ獲得の為、あの甘ったるい缶コーヒーを、どれだけ飲み続けた事か。

朝3本。昼3本。夜3本。夜中3本。の2ヶ月間。
























その甲斐あっての獲得には、やはり目を潤ませるモノが有ります。

当然 次の日、コレ着て御出勤です♪





















見せびらかせですよ!


職場に着いた途端、みんな寄って来て、着させて着させての大合唱。

そんな女の先輩方の取り合い見てると、バーゲン会場さながらでした。


仕事で別の会社のエレベーター乗ってた時も、

「あれ、もしかして…」「す…すごっ…」「当たるもんなんだー」「いいなぁ〜」

一緒に乗っていた女性の集団が、ヒソヒソ声でコッチを見てます。


これが…


















優越感


と言うモノなんですね!圧倒的勝利って、こーゆー感じなんですね!























気分良く家に帰って、この勝利を家族に伝えました。

すると、あの母親が、

「それだけみんな欲しがってるんだから、やっぱり危険だよ。

ドロボウされかねないし、下手すると殺されて奪われるかも知れないよ。」



…。

















馬鹿げた話に聞こえるでしょうが、当時は 実際に、それだけの価値が あった代物です。

冷静に考え直しても、何が起こっても不思議では ありません。


そこへ、続けて母親

「私に、絶対取られない名案が有る!ちょっと貸してみ。」


ふむ…亀の甲より年の功。何も浮かばない私としては、ソレに頼るしかなさそうです。





















コートを渡し、とりあえずトイレへ…戻って来た時には満足そうな母の顔。

コートへの秘策が完了したのを、私も悟りました。

「ほら、コレでもう安心だよ!」

ほぅ、一体どんな…



























…!?




























や…





























やられた…



























コートの裏地に…


























私の フルネーム…


しかも、漢字…


























しかも、油性の 超極太 黒ペン…

























しかも、裏地に いっぱい いっぱい


ガクランの、龍刺繍なみ。


確かに、これじゃあ誰にも盗まれない。と言うか…




















私も、いらない。

コレ着て、外は 歩けませんよ!

着てるだけで目立つから、脱ぐのは無理だし、前を開けて裏地が見られた時にゃあ!

なんつーコトを…こ、こ…この…ばb…


と、言いそうになった所で、怒った私が分かったのか、母親は すまなそうに…
























「赤の方が目立つけど、名前に赤字は 縁起悪いし…」





























…。





























いや…




























私が悪いんですよ。この人の自信満々を警戒しなかった、私の落ち度ですよね。



私は、この母親に…























何度 泣かされたら 気が済むんでしょう;;


もはや、自分に あきれた
























SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO